中原淳一詩石碑

中原淳一(1913~1983) 花と詩を刻んだ石碑 館山湾を望む塩見海岸に建てられています。

中原淳一(1913~1983)
雑誌「ひまわり」「それいゆ」などで、少女たちに夢をあたえた。
晩年の足かけ22年を療養を兼ね館山で過ごした。
塩見海岸近くの別荘等で暮らしました。
中原氏と親交があった、市内で詩誌「黒豹」を主催している諌川正臣氏が2002年に自費で建立。

住所  館山市塩見
アクセス 館山駅東口よりJRバス1番線乗車
約15分 安房塩見下車徒歩5分
車:富浦IC~国道127~県道257 約35分